スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にでもすぐに尻尾を振る犬は

誰からもしっかりめんどうを見てもらったことがないのだろうな、としみじみと思う今日このごろです。

なぜか今年は特に、高3になってからまだ2ヶ月も経っていないのに、とにかく高い偏差値を取って、1回でも早く「上のクラス」に上がりたがる生徒が目立ちますね。

高2から高3に学年が上がるときに、どのクラスであれ、一度あるクラスに割り当てられたときは、まずはそのクラスで達成しなければならない「タスク」をイメージし、それを一つずつ達成していくことで、

・このレベルで必要とされている知識、思考法

を、頭だけでなく、体で感じ取れるようになるまでは、そのクラスに居続ける、というのが私にとっての常識です。言い換えれば、

「勉強における身体性」

となるかも知れません。

高3に学年が上がったときに、あるクラスに割り当てられたという事実は、その生徒の偏差値だけでなく、「この段階で必要とされている事柄をマスターしてから、上のクラスに上がってほしい」という教師やスタッフたちの判断が働いた上で「実現」されたわけですから、単に一回のテストでそこそこ高い偏差値が出たからと言って、上のクラスに上がれば、スムーズに「その生徒に必要なレベルの教育」が与えられるわけではないのですが、それを全く理解できない生徒が増えてきましたね。これも「ゆとり」の影響なのかも知れません。私が個人としてやっているブログでも書きましたが、あの朝日新聞でさえ、民主党と自民党が「増税」という方針が一致していれば、どちらが政府を掌握しても、あたかも同じ政策を、同じ効果で実施できるかのような錯覚を前提とした社説を平気で書いている。そこには、政治家だけでなく、官僚や現場の公務員でさえ、「顔」や「個性」が異なる、一人一人の「生身の人間」が存在している、という厳然たる事実をいとも簡単に無視できる心性があるわけです。偏差値さえ高ければ、誰に教わっても同じ。だから、偏差値が上がりさえすれば、上のクラスに上がってより良い指導が受けられる。そう思っている現代の高3生と全く同型の構造がそこにはあります。

学ぶという知的動作を行っている私自身は、他人とは違う「私」である。その「私」とは、他人とは何が違うのか。どういうクセがあるのか。ということを丁寧に見つめていこうという姿勢を、私は「学習の身体性」と呼びたいと思っています。「身体性」という言葉には、頭だけでなく体も重要、という意味だけでなく、一日一日、一瞬一瞬を「かけがえのない瞬間」として「固有のもの」として捉える認知能力も多分に含まれています。そして今の一部の高3生には、その「身体性」が決定的に欠けていると思うわけですよ。あたかも、「偏差値が高いのに基礎を固めるクラスにいたら時間がもったいない」という、ただ一次元的なモノサシしか持っていないかのようです。そういうモノサシがいつも前面に出てくる心理としては、他人より下のクラスにいると、他人より遅れを取っているかも知れない!という、これまた一次元的な、きわめて単純な「損得意識」が前提にあるということなのでしょう。

ただ、そういうのっぺらぼうのような子どもでも、いかにも現代的だと思うのは、お試しで上のクラスを受講するときにも、元のクラスでのプリントがもらえるかどうかを事前に確認に来るところですね。すなわち「保険」をかける、という作業には抜け目がないという点です。そりゃプリントはあげますが、それは在籍が「うちのクラス」だからであって、勝手に自分で上のクラスに「在籍」を変えた後はプリントなどあげるわけがありません。「このクラスにいるのがもったいない」と思って「上のクラス」に上がっているのですから(笑)。というか、そういう「保険かけ行為」自体が、相手である教師にとっては、

・あー、この生徒、こんなにバカだったんだ(笑)

と思われる行為そのものである、ということに想像が至らない点に、こういう生徒にトコトン「身体性」が欠けているなと感じるところですね。

さて、みなさんに「学習の身体性」なるものは備わっていますか?自分がこのクラスで学ぶ、という事実をどう捉え、活用すれば、効果が最大限になるか、ということを、頭だけでなく、他者との比較だけでなく、でこぼこした固有の自分、というスタート地点から考えることができていますか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。