スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年をとって英検1級をめざす その2

その1からの続き。いい歳を取っても、努力次第で英検1級の一次くらいの壁は越えられる。二次はこれから。


2 読解セクションと、エッセイ、そしてリスニングで点数を貯金するイメージで



英検1級一次の分野(セクション)別配点は以下の通り。

・語彙・熟語 25点
・読解    26点
・リスニング 34点
・エッセイ  28点
--------------------
合計     113点

ここ1、2年はこのうち、78~81点ほど取れると合格のようである。合格最低点の得点率はほぼ7割。一次に合格しても不合格しても、各セクションごとの得点と、全受検生の平均得点率、合格者受検生の平均得点率が示されたものが送付されてくる。

何とか合格できた、2013年第2回一次の、全受検生の平均得点率と合格者の平均得点率は以下の通り。

・語彙・熟語 全受検生 52% 合格者 68%
・読解         58 84
・リスニング 56 78
・エッセイ 53 68

差を出してみると、
・語彙・熟語 16ポイント
・読解    26
・リスニング 22
・エッセイ 15

なんと、合格者と全受検生(ここから合格者を引けば、不合格者が計算できる)の間で、一番差がついているセクションは、語彙やエッセイではなく、読解なのだ。その一方で、語彙・熟語とエッセイでは、相対的にはあまり差がついていない。



もう一つ重要なことは、読解スピードを上げないことには、エッセイライティングの時間を確保できないことだ。語彙・熟語のpart1は、人によって解くスピードがあまり変わらないのと、リスニングはリスニングだけしかやれないことから、上の中で、「読解」と「エッセイ(ライティング)」が、ゼロサム(片方が増えれば、もう片方は減る)の関係になっている。読解のスピードが上がらないと、エッセイライティングの時間が確保できないのだ。私の考えでは、エッセイライティングにはどうしても20~25分、できれば30分はかけたいところなので、リーディングのスピードをかなり高めなければならない。このあたりが、全受検生と、合格者の最も大きな違いなのだろう。


記事その1と合わせて考えると、

・二次対策として、一次からエッセイライティングは得意にしておく必要がある。
・一次で最も差がついているのは読解である。

・したがって、readingとwritingを優先的に鍛えるのが、一次合格にとって必要不可欠であり、二次合格にとっても楽である、という結論になる。



このブログにしては珍しく、定量的なデータを分析した記事となった。ここまでをその2とする。その3はこちら。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。