スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書けないのではなく、考えられない

2学期、2回目の講評が終わったが、授業で言った通り、ひどかった。

問題に「このエピソードとかかわらせながら」と明記してあるのに、ほとんどの受講生が、ただ自分が外国語系の専門学校にいるから、

「英語は国際共通語だ」
「日本は国際化している」

などの、何の定義も説明もないBさんの発言に飛びつき、

「やはり英語は国際共通語だ」
「やはり日本は国際化している」

だから

「日本人は英語が使えるべき」

って・・・。


あのさ、本気でそう思っているのなら、

なぜ君たちはこんな専門学校にいるんだ?英語がそんなにできる諸君なら、最低でも上智大学外国語学部、英米語学科くらいには行けているはずであろうに、なぜ行けていないクセに、そんな「でかい顔」ができるの???


に尽きる講評であった。

授業で言い忘れたことなので付け加えておくが、「一番重要な問題の条件」とは、

「このエピソードにかかわらせながら」

という条件のことである。ここを平気で忘れることができるって・・・あれだけ最初の授業で言ったやん、ということだ。


しかも、国際化などの言葉は、定義が何なのかが最も議論になる言葉の一つであるってことも、白河塾の基礎編第6講で、そのタイトルにまで含めて書いていることなのに、「国際化」の定義一つできずに、

「日本は国際化しているので(ドヤ!」

などと平気で書けるその根性、これも授業で言った通り、


本が有料なら有料で「高い~」だの何だのと屁理屈をつけて読まず、

インターネットで無料で読めるなら、「無料だからいつでも読める~」だの何だのと屁理屈をつけて、これまた読まない。


だったら君たちは、何を、いつになったら読むのだ?無料コンテンツをしっかり読み、問題を自分の頭で考え、自分の生きざまに反しない小論文を書こうと思えるのは何兆年先のことなのだ???



だから、小論文を含めた、総合判定としての合格率が低いわけだよ。


来週から後半戦である。メンバーが多少入れ替わるが、はてさてどれだけ成長してくれるやら。



補足:国際語としての英語は、「ビジネス、あるいは学術研究の場面」で、なおかつ「先進国間で競争に勝つため」になら必要なものだ。このエピソードにおける英語は、ビジネスの場面でも、学術研究の場面でも、あるいは競争の場面でもないことに注意しよう。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 小論文
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。