スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「叱られ耐性」のないかわいそうな学生

どうやらこの「大前提」を共有してらっしゃらない方もいるようなので、念のために書いておきますが、

専門学校は、「約2年の授業料をいただいて、学生をお客様扱いし、授業料を満額いただけたらハイさようならをする(=学生とトラブルを起こさないまま、学生につつがなく卒業していただく)場所」では全然ありません。

専門学校とは、「入学して2年後に一人前の社会人として、少なくとも4年制大学の卒業生よりも低い学歴であることを補って余りある能力を身につけた上でデビューできる準備をするところ」です。


先日、たまたま1年生の補習授業をやりましたが、受講生約55人中、10人以上が90分遅刻、または全日欠席。何なのでしょう、この「補習なのに出席しなくてもいいと平気で思える頭の悪さ」というのは(苦笑)。


その後、ワラワラと数人が遅刻して来るも、90分遅刻して来た学生の一人が、私が説教をしている最中にほおづえをついてふてくされる。

そこで私が「人の話を聞くときにほおづえをつくな!」と怒ると、さらにムッとする。
(ちなみに、この発言は、時刻通りに来た学生にも言ってあることです。)

さらに私が「私の授業で、私の設定するルールに従うつもりがないのなら、出てってもらっていいですよ。どうしますか?」と言うと、

その学生、逆ギレをして、荷物を持ってさっさと教室から出て行く。

お約束として、ドアを閉めるときに、バタン!と、思い切りでかい音を立てて。



・・・これが、18歳~19歳の、「専門学校1年生」の、紛れもない現実です。


さらに、この学生の情けないところは、この直後に、別の先生に泣きついて、午後の授業から何食わぬ顔でまた出席をした点です。


・・・あのさ、別の先生に泣きつくぐらいだったら、なぜ逆ギレしてドアをバタン!と、思い切りでかい音を立てて出て行ったのかねえ???後先考えて行動しろよバカ。



で、読者に質問ですが、こういうバカでも、1年半後にはどこかの会社で働き始めるわけです。

で、そこで、何ヶ月「もつ」のでしょうかね?



こういうバカをのさばらせている(=適切な教育をしていない)のは、他ならぬ、このバカを通常授業で担当している教員たちです。

そして、そういう放置主義を黙認どころか、暗に促しているとも言える本部の一部にも、その責任はあるでしょう。ただ、その流れを止めようとしている「別の一部」もれっきとして存在することも、私は知っていますが。

しかし私は、教員の一員として、私が担当した以上は、通常授業がどうであるかに全く関係なく、専門学校の上記の目的を達成できるように、徹底的に「私のルール」を押しつけます。

・「人の話を聞くときにはほおづえをつかない」

・「遅刻をしたら反省する」

この程度の「私のルール」が、「わがまま」に思えてしかたがないのは、どれだけ精神年齢が低いバカガキなのでしょうかね?

こういうバカが卒業し、就職先でトラブルを起こし、「ブラック企業だ」などと吐き捨ててその会社を辞めるとしたら、一番迷惑を被るのは、このバカ学生の後輩たちなんですが、それも理解できないようです。

さすがに2年生は理解できるようですが、今年の1年生のマジョリティは厳しいですね。今後も継続して「教育」して行かなければならないでしょう。




もう一つ、こういうバカには衝撃的な事実を。普通の人には衝撃的でも何でもありませんが。

私が通常出講している予備校レベルでも、この程度の指導は普通にやっていますが、こんなことで逆ギレする生徒は一人もいません。彼らは17~18歳なんですがねえ。

なぜ生徒は逆ギレしないかって?それは、「ここで踏みとどまって努力しないと、自分の学力は上がらない=志望校に合格できない」という「将来予測」を「リアル」にできるからですよ。自分の学力を上げるためには、講師の要求に応えるしかない。そのつもりがないのなら、このクラスから出て行けばいい。それが「当たり前のこと」として、普通に理解できているからですよ。


逆に言えば、その程度の「将来予測」を「リアル」にしてこなかった、そして専門学校生になっても未だにリアルな将来予測ができないから、この程度で簡単に逆ギレができるわけですね。



まあ、どことは言いませんが、予備校でも、生徒がこのレベルで平気で逆ギレする生徒が集まるところは複数ありますがね。親御さんにとっても、予備校選択がきわめて重要な所以です。ヒントとしては、学費の高さは、予備校の質を全く保証しない、ということです。生徒一人あたりの学費が高ければ高いほど、逆にその生徒がやめないように、生徒を甘やかす予備校はいくつもあります。それで生徒が落ちても一切責任を取らないどころか、もう一年、同じ予備校に通わせようとするところさえあるのですから、困ったものです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。