FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河合塾のセンター試験の黒本、出ています

先週中旬から、大書店を中心に、センター試験の黒本が発売されています。

教学社のセンター試験の赤本はGWぐらいから発売されています。

収録年度数と、解説の詳しさでは、赤本より黒本の方が優れていると思っています。ぜひ、センターを受験する科目については、早いうちに過去問を手に入れて、まずは数年分やってみることを強く勧めます。

最近の受験生は、過去問をやりもせずに「今から過去問やっちゃうと、直前期にやるものがなくなっちゃう」などと、「理想的に勉強が進んでいる自分」を夢想するクセがあります。バカですか?最近のセンター試験は、英語を除けば、単なる知識だけでなく、その知識をその場で組み合わせる「考える力」が求められています。数学しかり、理科しかり、古文漢文しかりです。英語だけは、「反応スピード」を上げないことにはどうにもならないくらい問題量が増えていますが。

考える力がセンター試験で求められているということは、一学期の今から、時間制限をもうけずに、徹底的に丁寧に考えて答えにたどり着くという経験を積むことが重要だということです。ゆっくりやってできないことが、早くやってできるわけがないのですから。←まあこれも英語速読に関しては、多少の例外があるのですが。

特に現代文です。どの現代文の先生に伺っても、「センター現代文は、私大現代文に比べれば選択肢は選びやすい」と必ずおっしゃいます。ということは、早稲田などの私大現代文対策としても、センター現代文は「基礎」として十分に利用可能ということです。

あんだけ分厚くて、一冊あたり1000円前後なのですから、センターの赤本・黒本については「買わなきゃ損」としか言いようがありません。

ということは、できるだけ早いうちから、「丁寧に考えれば正解にはたどり着けるのだ」という自信を身につけるために、少なくともセンター試験の過去問は、早めに数年分は丁寧に解いておくべきだ、ということになります。もちろん、地歴や理科など、「まだ習ってない部分」が多い科目は2学期以降にしてかまいませんが。

唯一気をつけてほしいのは、赤本は、現代文の過去問の一部が、著作権の都合で収録されていない場合があるということです。国語の赤本ないし黒本ないしその他の過去問(Z会や駿台など)を買うときは、現代文の過去問がもれなく収録されているか、立ち読みして確認してから買うようにしましょう。今では赤本でも、現代文の全ての過去問を収録しているかもしれませんし。

http://shirakawajuku.com/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。