FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「解くために英語リスニングを訓練する」ことの重要性

以前からNHKなどのリスニング教材を使って、リスニングの訓練はちょくちょくしているつもりではいましたが、いまいち効果が実感できないでいました。効果というのは、かなり速いスクリプト(会話や文章)を聞いて、それに関する内容一致問題を満点近く取ることです。

ただ、今年の春からNHKラジオで始まった「攻略!英語リスニング」という講座は、番組自体はシンプルですが、短いけどものすごく速い(私基準)スクリプトを聞いて、すぐに内容一致問題3問に答えるという、センター試験対策にはもってこいの教材だと思いましたので、ここで強く推薦したいと思います。



テキストは380円、CDは一月で1400円と高めですが(というより高すぎる。このボリュームなら1000円でも高い)、センター対策としては、センターリスニングが「同じスクリプトを2回聞いてから、答える」という形式なので、センター本番のように、同じスクリプトを2回聞いてから答えることをおすすめします。

そして、ここからが大事なのですが、一度解いた問題のスクリプトは、ipodなどに落として、通学時などに何度も意識的に聞いて、英語独特のリズムや、itなどの聞こえづらい単語を耳で拾う練習をしたり、話の重要ポイントはどこか、それはどこの発言から推測できるか、などの「分析」を徹底的に行ってほしいと思います。1~2ヶ月続けるだけで、耳はかなり慣れてきますし、何より、「聞いて考えるスピード」が目に見えて上がってきた実感が出てきます。すなわち、速読にも役に立つということです。

この講座は半年で1周という講座なので、4月、5月のテキストやCDは、10月、11月のテキストやCDと同じものになりますから、「こんな講座があるなんて知らなかった!」という人も、6月からやり始めれば、ちょうどセンター試験の前に、半年の講座が終わるというスケジューリングで、かえって都合がよいかなと思います。

リスニングの勉強で重要なのは、ただ漫然と英文を聞くのではなく、問題がついていることだと悟りました。問題がなければどうしても漫然と聞いてしまうからです。問題がついていれば、その問題を解くために、自然と必死にスクリプトを聞こうとする姿勢ができますし、半年もこれを続けていけば、途中でスタミナ切れでだれる、という危険性もかなり低くすることができるでしょう。

そんなわけで、リスニングが必要な人だけでなく、速読力をアップさせたいと思っている高2生、高3生、浪人生にはこの教材を強く勧めたいと思います。高1生には難しすぎるかなと思います。

※あ、ちなみに、この講師の方が強く勧めている「ビジュアライズ」は、全く気にしなくて良いです。強いて言えば「頭の中でイメージ作りしながら聴こうね」くらいのメッセージで、特に新しいメソッド(方法)でも何でもありません。いわゆる、「この講座の『売り』」を作るための言葉の工夫だと思っておけばいいです。

http://shirakawajuku.com/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。