FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治学についての新書を読み、昔をふと思い出す

たまたま本屋で見つけた浅羽通明『政治学』(光文社新書)を一部読みました。

私が大学で学んだ「政治学」とはかなり方向性が違い、マキャベリ、ロック、ルソー、モンテスキューなど、昔の思想家が主張したポイントが網羅されており、これはこれで刺激的です。私のキャンパスでは、こういう「専門」的な本を読むことを、なんとなく否定するような雰囲気がありました。その後、それは私の大いなる勘違いであるということがわかったのですが(笑)。

政治を学問をして勉強・研究する意味は、今の日本も含めて、さまざまな政治現象(今の菅降ろしや、政治に文句を言う人が多い割には国政選挙の投票率が下がり続けていることなど)を、少し遠いところから見るための道具を身につける足しになる、という点だと思います。東日本大震災がありましたが、それでも日本円の価値は暴落しないどころか、対ドルでは、さらに徐々に上がってさえいます。そういう意味ではまだ日本はいわゆる「豊かな国」の一つであり、この「豊かな国、日本」の政治現象を、どう理解し、どう変えれば、少なくとも自分がより納得のいく日本社会を作ることができるか。そういう観点で政治学を学問として学ぶのなら、小論文対策として役に立つだけでなく、大学で何を専攻するか、どんな卒論を書くか、そしてどんな業種に就職するのか、公務員になるのか/ならないのかなどの、自分の将来に直結する学問の一つになるでしょう。

けれども、残念なことに、大学生になると、この「政治学」も、多くの大学・学部では、単なる「暗記モノ科目の一つ」に成り下がってしまいます。結局、誰が何を主張したか。それを淡々と暗記する作業が「政治学の勉強」だと錯覚している大学生は、たとえ東京大学でも決して少なくないと思っています。

今回の菅政権の評価についても、何の根拠もなく今の菅政権を「他よりいいから」という理由で肯定できる「大人」がいる一方で、私のように、行政の滞りの原因は菅政権の弱さそのものだろ!という根拠を元に、今の菅政権を否定する「大人」もいるわけです。他の考えを持つ「大人」もいるでしょうが、この本を少し読んで、「あぁ、人によって、頭の中に描いている『日本』のイメージや、『民主党、自民党』のイメージがあまりにも大きく違っているのだな」と、少し冷静に捉えることができるようになりました。

とは言え、受験生である皆さんが、理想的な意味で「政治学」を勉強しようとすると、それこそ受験勉強そのものがおろそかになってしまうかも知れません。新書などを読むときは、あくまでも「気分転換」程度の時間と労力で、という気持ちを忘れないでほしいです。

胸を張って言えますが、受験勉強そのものにも、面白い(interestingな)点はたくさんあります。同じ問題を何度も解きながら、少しずつ思考スピードが速くなっていくことを実感できる時などです。受験生の時には、そういう喜びを、自分の中で極大化できると、よく言われるような「灰色の受験生時代」というレッテルも、単なる虚構(フィクション)に過ぎないのだと思えるようになるでしょう。

そのように、他者の言葉を落ち着いて捉える力こそが、じつは小論文を書く能力のいわば「足腰を鍛える」ことにもなるんですよね。

http://shirakawajuku.com/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。