スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICなどの英語問題で「木の問題」「森の問題」とか言ってるのはアホ


私がTOEIC対策を他人に教えるときに全く使っていない言葉の二つは、

「木の問題」
「森の問題」

である。まあ、「木か森か」という択一式の問いかけにすれば、「言葉の一つ」とも言えなくもない。



で、なんか、新しい教科書にそんなフレーズが出てきたので、ここで明確に否定しておこう。

「TOEIC(に限らないが)で、やれ『木』だの『森』だの言ってるから点が取れないのだよ、キミは。」

と。


なぜかって?まず「木」と「森」の定義から。これすらも、巷で「木」だの「森」だの言っているTOEIC参考書には載っていないことが多いようだが…バカなの?


・「木の問題」とは、ある一部が聞き取れればor読めれば、それで答えが一発で出るタイプ。細かい情報を聞く、あるいは読む問題と言っても良い。

・「森の問題」とは、ある一部、すなわち短い部分が聞き取れてもor読めても、それで答えが一発では出ないタイプ。全体の情報を総合しなければ答えが出ない問題と言っても良い。



でだ。こんな実験を。同じ問題で、読み上げられるスクリプト(台本)を2種類用意してみた。Part3形式。



Question: What is the woman's problem?

Script A

Woman: Haven't you seen Rally today? I've been looking for him.

Man: I haven't either today. I'll ask somebody else (and continues)・・・






Question: What is the woman's problem?

Script B

Woman: Haven't you seen Rally today? I've been looking for him.

Man: I've seen him once this morning. Wait a moment. I'll call him now. (and continues)




スクリプトAでは、おそらく「Rallyが見つからないこと」、すなわち、直後のManの発言からも、RallyをWomanもManも今日はRallyを見ていないことは自明だから、いわゆる「木」の問題として処理できる。


だがしかし、スクリプトBでは、直後のManの発言で、「これから彼に電話してみるよ」と続く。これは、女性の問題は他にあるかも知れないと匂わせるのに十分な展開である。答を出すには、この後も含めた長い部分をしっかり理解しないといけないようだ。これはいわゆる「森」の問題だ、となるだろう。



で、TOEIC講師に聞きたいのだが、Questionも Womanの最初の発言も同じなのに、前者は「木」、後者は「森」の問題となっているのだが、


そこで「木」だの「森」だのを区別することが、上の問題をより速く、より正しく当てるのに、どれだけ「プラス」になるんかねえ???


白河の結論としては、

「そんなの考えているから余計に時間がかかるだけなんだろ?いつも落ち着いて、いつ、誰が、何を、という部分を忘れずに、できる限りベタ聞きをすれば解けるでしょ?」

としか言いようがない。




あたりまえの大前提:解答者が、より速く、より正確に答えを出せるものでなければ、それを「技術」や「テクニック」とは決して言わない。特に、「あとづけ(後になって初めてわかること)」を、あたかも先にわかっていたかのようにドヤ顔で使った説明は、ただの「インチキ」である。




こんなところでいいっしょ。あ、点を伸ばしたくないライバルには、「木と森の区別が大事なんだよ!」って熱く語っておくといいよ(笑)。


スポンサーサイト

期末テストの採点をしていると・・・

特にTOEIC reading の指導では、

・左から、
・意味のカタマリごとに、
・どんどん直訳する

という三拍子を重視しているが、期末テストでは、意味のカタマリごとのつながりがわかっているかをチェックするために、あえて日本語の語順につなぎ直させて答案として出させている。


1学期に引き続き、2学期もこれではかなり苦しいなあ、と言わざるを得ないところ。


例えば、

they donated prizes handed out ~

と続いているところの解釈は、

「彼らが寄付した賞は手渡された」

というものが非常に多い。約半数がこれ。 違うやんけ・・・。

they donated prizes [ handed out ~ ]
S   V  O    p.p.

donateという動詞は第五文型では使わないから、handed out以下は、「手渡す」という意味の受身でなければならない。

だから、「~で手渡された賞を彼らは寄付した。」

という骨組みで解釈できなければ、何を言っているのかがわかっていない答案になるわけだ。


私がいつも言っている「直訳」とは、少なくとも自動詞/他動詞、文型の発想がわかっていないとどうにもならないわけで、文型(動詞型)を軽く見ている学生が、上のように、英文を正しく分析できるわけなかろうに。

それ以外にも、日本語で書かれているが、何を言っているのか全く理解できない答案も多数あるわけで、

採点をしていると、頭の中がわけわからんくなってくる。

それでも、前向きに採点したいからこそ、意味不明の答案でも、なるべく謙虚に読もうとしているんだけどね。

ふう。



※英検1級についての記事はまだ続きますよ!今は手が空いていなくてなかなか書けないだけ・・・。
プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。