スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年をとって英検1級をめざす その2

その1からの続き。いい歳を取っても、努力次第で英検1級の一次くらいの壁は越えられる。二次はこれから。


2 読解セクションと、エッセイ、そしてリスニングで点数を貯金するイメージで



英検1級一次の分野(セクション)別配点は以下の通り。

・語彙・熟語 25点
・読解    26点
・リスニング 34点
・エッセイ  28点
--------------------
合計     113点

ここ1、2年はこのうち、78~81点ほど取れると合格のようである。合格最低点の得点率はほぼ7割。一次に合格しても不合格しても、各セクションごとの得点と、全受検生の平均得点率、合格者受検生の平均得点率が示されたものが送付されてくる。

何とか合格できた、2013年第2回一次の、全受検生の平均得点率と合格者の平均得点率は以下の通り。

・語彙・熟語 全受検生 52% 合格者 68%
・読解         58 84
・リスニング 56 78
・エッセイ 53 68

差を出してみると、
・語彙・熟語 16ポイント
・読解    26
・リスニング 22
・エッセイ 15

なんと、合格者と全受検生(ここから合格者を引けば、不合格者が計算できる)の間で、一番差がついているセクションは、語彙やエッセイではなく、読解なのだ。その一方で、語彙・熟語とエッセイでは、相対的にはあまり差がついていない。



もう一つ重要なことは、読解スピードを上げないことには、エッセイライティングの時間を確保できないことだ。語彙・熟語のpart1は、人によって解くスピードがあまり変わらないのと、リスニングはリスニングだけしかやれないことから、上の中で、「読解」と「エッセイ(ライティング)」が、ゼロサム(片方が増えれば、もう片方は減る)の関係になっている。読解のスピードが上がらないと、エッセイライティングの時間が確保できないのだ。私の考えでは、エッセイライティングにはどうしても20~25分、できれば30分はかけたいところなので、リーディングのスピードをかなり高めなければならない。このあたりが、全受検生と、合格者の最も大きな違いなのだろう。


記事その1と合わせて考えると、

・二次対策として、一次からエッセイライティングは得意にしておく必要がある。
・一次で最も差がついているのは読解である。

・したがって、readingとwritingを優先的に鍛えるのが、一次合格にとって必要不可欠であり、二次合格にとっても楽である、という結論になる。



このブログにしては珍しく、定量的なデータを分析した記事となった。ここまでをその2とする。その3はこちら。



スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

書けないのではなく、考えられない

2学期、2回目の講評が終わったが、授業で言った通り、ひどかった。

問題に「このエピソードとかかわらせながら」と明記してあるのに、ほとんどの受講生が、ただ自分が外国語系の専門学校にいるから、

「英語は国際共通語だ」
「日本は国際化している」

などの、何の定義も説明もないBさんの発言に飛びつき、

「やはり英語は国際共通語だ」
「やはり日本は国際化している」

だから

「日本人は英語が使えるべき」

って・・・。


あのさ、本気でそう思っているのなら、

なぜ君たちはこんな専門学校にいるんだ?英語がそんなにできる諸君なら、最低でも上智大学外国語学部、英米語学科くらいには行けているはずであろうに、なぜ行けていないクセに、そんな「でかい顔」ができるの???


に尽きる講評であった。

授業で言い忘れたことなので付け加えておくが、「一番重要な問題の条件」とは、

「このエピソードにかかわらせながら」

という条件のことである。ここを平気で忘れることができるって・・・あれだけ最初の授業で言ったやん、ということだ。


しかも、国際化などの言葉は、定義が何なのかが最も議論になる言葉の一つであるってことも、白河塾の基礎編第6講で、そのタイトルにまで含めて書いていることなのに、「国際化」の定義一つできずに、

「日本は国際化しているので(ドヤ!」

などと平気で書けるその根性、これも授業で言った通り、


本が有料なら有料で「高い~」だの何だのと屁理屈をつけて読まず、

インターネットで無料で読めるなら、「無料だからいつでも読める~」だの何だのと屁理屈をつけて、これまた読まない。


だったら君たちは、何を、いつになったら読むのだ?無料コンテンツをしっかり読み、問題を自分の頭で考え、自分の生きざまに反しない小論文を書こうと思えるのは何兆年先のことなのだ???



だから、小論文を含めた、総合判定としての合格率が低いわけだよ。


来週から後半戦である。メンバーが多少入れ替わるが、はてさてどれだけ成長してくれるやら。



補足:国際語としての英語は、「ビジネス、あるいは学術研究の場面」で、なおかつ「先進国間で競争に勝つため」になら必要なものだ。このエピソードにおける英語は、ビジネスの場面でも、学術研究の場面でも、あるいは競争の場面でもないことに注意しよう。



テーマ : 小論文
ジャンル : 学校・教育

年をとって英検1級をめざす

まだ二次試験は受けていないが、2回目のチャレンジで、英検1級一次は通った。

これも、才能だのセンスだのの問題ではなく、ただ努力をしたかどうかの問題だ。


今だから書けるが、私は大学院時代に準1級の一次を落ちている。ただの勉強不足だ。

私に、英語とやらの才能だの、センスだのがあったなら、当時も華麗に合格していただろう(苦笑)。

当時は、「英語ができなければならない!」と、それほど必死に思ってはいなかった一方で、今は、「英語ができなければならない!!」と、それこそ生死をさまよう(笑)ように思って、コツコツ努力しているという違いが、普通に結果に現れただけ、というところだろう。


以下、一次突破にもしかしたら役立つかも知れないことを書いておこう。


1 「語彙力はある、しかしエッセイは書けない」は戦略としてアホ

ネット界隈では、「part1の語彙問題25点のうち、20点を取るために旺文社のpass単を3周した」だの「5周した」だのの武勇伝(笑)をひけらかしながら、

「でも、ライティングが死亡」

という、不思議な受検生が意外と多いことに気づく。アホである。

なぜなら、一次を突破した後の二次では、与えられた5つのテーマから、1分以内に一つ選び、かつその1分以内で話す構成をまとめ、次の2分でその方向性でspeechをやり、次の数分で、面接官二人との質疑応答をやらなければならないからである。

ライティング(英検1級の場合は、あるテーマについて賛成か反対かを、根拠や具体例をつけながら主張を展開してゆく)が苦手なままで、ひたすら語彙ばかりできるようになる勉強法って、何かね?

私に言わせれば、「こういうことが書きたい」や、「この前読んだ英文にこういう難しい語彙があったけど、覚えておいたほうがいいな」、あるいは、「こういうことを主張するには、こういう語彙が必要だろうな、よし、和英で調べてみよう」などの気持ちがあって初めて、二次突破力の源にもなりうる、

「戦略的な(一次と二次の両方の対策になる)英検対策」

が展開できるはずなのだが。そういう状態でpass単だの、part1の語彙問題対策をやる人間が、

「でも、ライティング(エッセイ)で死亡」

とか、

「でも、エッセイの書き方がわからない」

などと言いながら、語彙力だけを自慢している姿が、不思議でたまらない。


自分の主張も書けない、あるいは書く訓練をしていない人間が、語彙力だけ必死にempowerできる点も誠に不思議だが、語彙力で、エッセイのひどさ、低得点を逃げ切ろうとする基本方針が、そもそも二次対策から、自分で遠ざかっているようなものだ、と気づけないのだろうかね?こういう人々は。

ま、語彙力だけを増やせるという能力自体は、私にはほとんどないものなので、誠にうらやましい限りではあるが。



とりあえずここまでをアップ。つづきはこちら



プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。