スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発の事故で

日本だけでなく、世界で「脱原発」のデモ行進などが行われているようです。

この大震災までは、世界がこぞって

低炭素社会を!そのためにはCO2を出さないように!そのためには原発が効率の良い発電なのだ!」

という「話の筋道(論理かどうかはわからないのでとりあえずこう言っておきます)」が、あたかも「唯一無二の真実」であるかのように宣伝されていただけでなく、大学入試の小論文問題でも、地球の温暖化を示すデータが示された上で

「地球温暖化を止めるために、私たちができることを書きなさい」

などという、私から見れば飛び上がるくらいびっくりする問題も平気で出されていました。なぜびっくりするかって?それは、「地球温暖化を止めること」は「私たちがしなければならないことだ」ということが、この問題では「前提」とされているからです。学説として、今起こっている地球温暖化という現象自体が、人間の行為に基づくもの、すなわち人為的なものによるかどうかすら、学問の世界ではまだまだハッキリしていないにもかかわらずです。

しかし、今回の福島原発の事故によって、今後は逆に大きく針が振れ、

「二酸化炭素なんか言っている場合じゃない!」

などという論調が、マスコミを中心になされていくようになるでしょう。そうすると今度は、大学入試でも、こういう問題が増えるということになるのでしょうか。

「人間が生きていくために、地球温暖化とどう向き合っていかなければならないかを書きなさい」

・・・私に言わせれば、どちらも「結論ありき」の、非常に質が低い小論文問題としか表現のしようがありません。今度はこういう問題にすることによって、

「人間が生きていくためにはどうしても二酸化炭素を排出しなければならない。その速度をいかに落としていくかが課題なのだ」

などという「模範解答」でも導き出したいのでしょうから。

何度も言いますが、地球温暖化という現象自体は、各地の計測結果から見て事実と言えますが、その温暖化という現象が、地球が今まで何度も経験してきた

温暖化→寒冷化→温暖化→寒冷化

というサイクルの一つなのか、それとも人為的なものなのかという原因分析は、学問的にはまだまだ決着をみていません。たとえば、元アラスカ大学国際北極圏研究センター所長だった赤祖父俊一氏でさえ、その著書『正しく知る地球温暖化』において、

・地球温暖化という現象自体は事実であるが、その原因の大部分(6分の5)は自然変動によるものであり、人為的な側面は6分の1以下である

と主張しています。赤祖父氏は地位的にも北極圏の氷の変動などについても当然よく知っているにもかかわらず、こういう結論にしかならないと述べているのです。

大学入試業界で、「地球温暖化は事実であり、その原因は二酸化炭素の増加のせい。さあ、みんなで二酸化炭素を減らそう!」という、科学的根拠の大変薄い主張をなぞるような出題は今後めっきり減るでしょうが、その理由が、科学的知見によるものではなく、単に雰囲気的に原発が使えなくなっているから、というものでは、

・理由さえあれば結論は何でも良い!

が売りだったはずの「小論文」が、結局は「結論ありき」のものであった、ということを自ら認めることになってしまいますね。

今まで、「地球温暖化を止めるために、私たちができることを書きなさい」などという問題を平気で出していた大学はこれを機会に大いに反省してほしいです。まあ、そういう大学は行く価値がない大学だと言ってしまえばそれまでなのですが、受験生にとっては切実な問題ですよね、ホントに。

http://shirakawajuku.com/
スポンサーサイト

そろそろ春期講習が終わる時期です

被災地では避難生活や仮設住宅での生活が続きますが、さしあたって、被災地でない地域に住んでいる受験生は、現時点で、

「重要な科目について、自分が1学期に固めなければならないこと」

が見えてくるような勉強ができていなければなりません。春期講習というのは、そういう点を見つけるためにやるという意味合いが大きいですね。

私立文系志望であれば英語・国語・社会、

私立理系志望であれば数学・英語・理科、

国公立文系志望であれば英語・国語・社会・数学・理科・小論文、

国公立理系志望であれば数学・英語・理科・国語・社会、

これらの科目が今後「負担」となってのしかかってくるわけですから、他人から触れられると不安になるような科目をほうちしたまま1学期が終わるのは、非常に辛い夏期講習になってしまいます。

英語や社会など、暗記が相当割合を占める科目に関しては、一度覚えたことを一部忘れるのはしかたがないにせよ、

「こういう方針で勉強をしていけば実力が伸びるのだ」

「この科目は自分はこの点が決定的に弱いのだ」

これらの点を、春期講習がほぼ終わったであろう今の時期につかんでおくことで、科目内の「骨組み」を作る、一学期の勉強がスムーズにスタートが切れると思います。

そして、慶応志望や国公立志望などで、小論文が必要な生徒は、小論文の対策もそろそろ本格的に始めましょう。

http://shirakawajuku.com
プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。