スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEICを解くときに「ゾーン」なるものはあるのか

結論から言うと「ない」(笑)と私は考えているし、実際に感じている。

リスニングで言えば、質問や選択肢の並びからストーリーが逆に浮かび上がったり、
ナレーターの英語が急に聞こえやすくなる瞬間、あるいは一定の時間を指して
人は「ゾーンに入った!」などと言うのかも知れないが、

それは、単に英語の実力が上がっただけのことである。

今まで聞こえなかったものが聞こえるようになったり、
今まで想像できなかったものが想像できるようになるという現象そのものが、
「学習」に基づく「能力向上」に過ぎないということだ。
それ以上でも、それ以下でもない。

ただ、「能力向上」という言葉の受け止め方に、困ったクセを持つ人がいて、

・「能力向上」だったら、ある瞬間から一気に聞こえるようになったり、逆に途中から聞こえなくなったりすることがあるのはおかしい!!

と息巻くような人のことだ。


脳の現象は、一般的な「科学」の現象とは違い、
「他の条件が一定ならば、必ず同じoutputを吐き出す」(再現性)
という条件を本当に満たすのか、現代の脳科学でもよくわかっていない、
と理解しておくのがよい。

というのも、脳科学において、「他の条件を本当に一定にした上での脳の動作を観察する」という作業は、
動物実験レベルでも、きわめて難しいからだ。

例えば、マウスAとマウスBを横並びに固定して、しばらく時間を経れば
「他の条件を一定にした」
と言えるのかというのは、科学の手続きとしてはきわめて難しい問題をはらんでいる、
ということを、一般ピーポーも知っておくのがよいだろう。

というのも、たとえばマウスAを固定したときに、マウスAにかかった「ストレスA」と、
マウスBを固定したときに、マウスBにかかった「ストレスB」が微妙に違う、ということは
むしろあたりまえのことで、そのストレス量の違いが、その後の条件をいくら一定にしていても
そのマウスの学習能力に影響を与えるかも知れない。

さらに、マウスをいくら固定しても、マウスAとBで、それぞれがどのような刺激を、
どのくらいの重みで受け止めているのかを正確に外部から測定することは
今の科学でもまだできない。

とまあ、細かく考えれば考えるほど、「学習」の成果が、均等にoutputとして出てくるか、
という問題は難しいのだ。

だから、それは時にはむらになるような出方をするだろうし、
別なときには均一になるような出方をするかも知れない、
ということになる。

ということは、TOEIC試験で、ある瞬間だけ英語がスムーズに聞き取れた、
という経験だけを以てして、それを「ゾーンに入った」と言うことは
現状では避けた方がよい、ということにもなる。

なぜなら、そういう認識を持ってしまうと、TOEICの勉強は、
英語そのものの勉強ではなく、その「ゾーン」を試験場で再現するためだけの
ヨガ(笑)教室になったり、「パターン習得教室」になったりしてしまうからだ。

これが、ここ数年でよく見かけるようになった、

「TOEICだけできていても、英語ができるとは限らない」

という指摘の根拠にもなっていると私は考えている。


そんなわけで、うまく行くときも、うまく行かないときもあるのだから、
就職活動などでTOEICスコアが必要な人は、少なくとも3~4回は連続して
受験して、その中で一番いいスコアを堂々と「自分の実力」として
履歴書に書いたり添付したりすればよいと考える次第。


かくいう私も、まだリスニングには慣れないところがあるなあ。。。
リーディングにはかなり慣れてきた。安定して読解力が発揮できている
「ような気がする」。←ま、これも主観的なものに過ぎないからねえ。



究極的には、何を以て英語力があるとするのか、という、とっても難しい問題になる。
それを語るには私はまだまだ研究が足りないなあ(苦笑)。


最後になったが、今日TOEICを受けた人、お疲れさま。私も本当に疲れた。(´ヘ`;)ハァ

スポンサーサイト

TOEICなどの英語問題で「木の問題」「森の問題」とか言ってるのはアホ


私がTOEIC対策を他人に教えるときに全く使っていない言葉の二つは、

「木の問題」
「森の問題」

である。まあ、「木か森か」という択一式の問いかけにすれば、「言葉の一つ」とも言えなくもない。



で、なんか、新しい教科書にそんなフレーズが出てきたので、ここで明確に否定しておこう。

「TOEIC(に限らないが)で、やれ『木』だの『森』だの言ってるから点が取れないのだよ、キミは。」

と。


なぜかって?まず「木」と「森」の定義から。これすらも、巷で「木」だの「森」だの言っているTOEIC参考書には載っていないことが多いようだが…バカなの?


・「木の問題」とは、ある一部が聞き取れればor読めれば、それで答えが一発で出るタイプ。細かい情報を聞く、あるいは読む問題と言っても良い。

・「森の問題」とは、ある一部、すなわち短い部分が聞き取れてもor読めても、それで答えが一発では出ないタイプ。全体の情報を総合しなければ答えが出ない問題と言っても良い。



でだ。こんな実験を。同じ問題で、読み上げられるスクリプト(台本)を2種類用意してみた。Part3形式。



Question: What is the woman's problem?

Script A

Woman: Haven't you seen Rally today? I've been looking for him.

Man: I haven't either today. I'll ask somebody else (and continues)・・・






Question: What is the woman's problem?

Script B

Woman: Haven't you seen Rally today? I've been looking for him.

Man: I've seen him once this morning. Wait a moment. I'll call him now. (and continues)




スクリプトAでは、おそらく「Rallyが見つからないこと」、すなわち、直後のManの発言からも、RallyをWomanもManも今日はRallyを見ていないことは自明だから、いわゆる「木」の問題として処理できる。


だがしかし、スクリプトBでは、直後のManの発言で、「これから彼に電話してみるよ」と続く。これは、女性の問題は他にあるかも知れないと匂わせるのに十分な展開である。答を出すには、この後も含めた長い部分をしっかり理解しないといけないようだ。これはいわゆる「森」の問題だ、となるだろう。



で、TOEIC講師に聞きたいのだが、Questionも Womanの最初の発言も同じなのに、前者は「木」、後者は「森」の問題となっているのだが、


そこで「木」だの「森」だのを区別することが、上の問題をより速く、より正しく当てるのに、どれだけ「プラス」になるんかねえ???


白河の結論としては、

「そんなの考えているから余計に時間がかかるだけなんだろ?いつも落ち着いて、いつ、誰が、何を、という部分を忘れずに、できる限りベタ聞きをすれば解けるでしょ?」

としか言いようがない。




あたりまえの大前提:解答者が、より速く、より正確に答えを出せるものでなければ、それを「技術」や「テクニック」とは決して言わない。特に、「あとづけ(後になって初めてわかること)」を、あたかも先にわかっていたかのようにドヤ顔で使った説明は、ただの「インチキ」である。




こんなところでいいっしょ。あ、点を伸ばしたくないライバルには、「木と森の区別が大事なんだよ!」って熱く語っておくといいよ(笑)。


2013.5.26 TOEIC感想

どうもwordpressのブログが使いにくかったので、今日TOEICを受けてきたことがちょうどいいきっかけだと思い、白河塾の塾長ブログをFC2ブログに変えました。今まで書いた記事は、下に「未分類」としてインポートしています。

また、コメントは承認制ですが書き込み可としていますので、何か質問や意見などあればどうぞコメントを書いて下さい。あ、例によって、お名前がない人、「名無し」「ななし」「通りすがり」などのお名前だと承認しません。自分でハンドルネームを決めて下さいね。


で、今日のTOEICでしたが、私はフォーム13、ちょうど●藤先生と同じフォームでした。手応えは・・・

リーディング、時間が厳しい!!

に尽きます。一応全問やりましたが、見直し時間は10秒もなく、もっともっと瞬間的に情報を目でつかんでいく反射的能力を鍛えねば、と痛感しました。

一方で、リーディングは、最近かなりがんばって、自分が聞きづらいところを研究しつつあるので、いつもよりは安定しているかなというところ。


あとは、某掲示板では・・・これまた「(フォーム)13はリーディングが厳しすぎる!塗り絵が増えた!!」という声が多いようなので、多くの人から見ても、難化傾向は続いているようです。

あ、私は4月のTOEICを、申し込み忘れというひどい理由で受けていないので、3月との比較になりますね。4月は比較的簡単だったらしいですから。3月も時間がギリギリでしたが、あれはまだ修行が足りなかったのだろうなあ、と思いますね。結果も悪かったし。

p3(part3),p4(part4)で、設問先読みする時間を確保するために、聞いているときは「点」くらいしか打たず、時間を意図的に余らせて、次の3問の設問を先読みするようにしたので、リスニングが終わっても、1,2分くらいはp3,p4のマークを塗り直す時間に充てなければならない、という事情もあるんでしょうが、昨年の感覚だと、そのくらい時間を使っても、差し引きで3分は時間が余っていたのになあ、と感じます。

私自身は研究生活もあるので、もっともっと英語の本を原典で速く、深く読み取る練習を積まねば、というところかな。


GW明けに強制TOEICを受けた学生たちは、外がお祭りワッショイで集中できなかった!と言ってましたね。リスニングはわかりますが、リーディングの時は、そのワッショイが聞こえなくなるくらい集中することを目標にすべきだろうなと思います。私は

「聞きながら解く」

ことができないという悲しい性(笑)を持ちながら、その一方で、

「集中すると音が気にならない」

というアドバンテージ(advantage)も持っているので、

「リーディングはとにかく問題を一個でも多く、正確に解ききるんぢゃああああああ!!!

という気持ち作りから(再)スタートすべきでは?と思いますね。厳しいこと言っているという自覚はあるけれども。


満点ホルダーではあれども、毎回毎回満点を取り続けることは今の私でもかなり難しいですな。ただ、満点を取るための絶対必要条件である

「120分、とにかく集中する」

という作業は、ドーピング(笑)なしでもできるようになってきたかな。p7で文章量が多くても、ガリガリ読むのが普通になってるし。←これ、1年半くらい前は、読む量が多いとそれだけでうんざりしていたけれども、今は「いやー、普通に読むしかないでしょ。ベタ読みしないと解けないんだから」と、あっさり読むようになりましたね。自腹でひたすら受け続けてきた甲斐があるというものです。その中で、表やグラフだけで解ける問題もあったので、そこはおいしくいただいたと思っています。

あ、某掲示板での答え合わせ、私には「えーそっちか?」と、かなり疑わしいものもありますね。単語の言い換えで、"field"を、regionとprofessionのどちらで言い換えるべきか、というところ。regionに「分野」の意味がある一方で、professionは、それこそprofessionalの「元の単語(名詞形)」ですから、「専門的職業」の意味になるんですよね。直後が raising money(寄付金集め)の話だったので、

「そんな『職業』はないだろ!」

とツッコミを入れ、regionを選びましたが、さてどちらが正しいやら。スコアを見るしかありませんな。



あ、ワッショイ状態でも、編入クラスでがっちり編入ラインを越える点数をたたき出した学生もいるので、やっぱり「受け続ける」ってことは重要なんだな、とシミジミ。その学生も、今まで受け続けたIPテストの束を見せてくれましたが、年間で10回近くは受けてるくらいの枚数でしたね。我々大人が、公開テストを毎回受けているのと同じくらいの回数ですわ。「試験慣れ」というより、「TOEIC用の脳ミソ」が少しずつできてくる、という言い方の方が合っているような印象です。


あれだけ短時間で、大量の英文を、いわゆる塗り絵なしで解ききるというのは、最近の難化傾向と合わせて考えると、一種のバトルゲームのようなイメージになります。しかし、そこでも、正確な文法力や分析力、左から意味のカタマリごとに読む、という基本姿勢は、どんな英語試験でも同じですが。


テーマ : TOEIC
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

・白河夜船

Author:・白河夜船
白河塾の塾長ブログをFC2ブログに引っ越しさせました。wordpressがアップグレードできず、書式をいろいろ変えたりすることが大変だったので。今後はTOEICなどにも役立つネタを書ければいいなあと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
白河塾カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。